袴の選択肢

大切な卒業式に素敵な袴で

卒業式に女性が着ていく服装には様々なものがあり、頭を悩ませている人も少なくありません。
大切な卒業式におすすめしたいのは袴で、近年では伝統的なデザイン以外のも、華やかな現代風のデザインなどバリエーションが豊富です。
女性が一般的に袴を着用し始めたのは、欧米文化が日本に入ってきた明治時代からです。
女性も積極的に外に出るようになりましたが、それまで主な衣類だった着物は歩きにくく、次第に気軽に歩ける服装が求められるようになりました。
明治時代には日本と欧米の文化が混ざり合い、袴に大きなリボンと編み上げブーツといったファッションが大流行しています。
昭和の始め頃までは、女学生の制服として親しまれてきました。
卒業式に袴が定着し始めたのは昭和に入ってからで、宝塚歌劇団や漫画の影響が大きいと言われています。
定番の模様の矢絣は、射た矢は戻ってこないことや、矢が一直線に突き進んでいく様から縁起物とされ、旅立ちの日の卒業式にふさわしい模様とされています。

卒業式に袴をレンタルするメリット

清楚で若々しいイメージの袴姿。
学生生活最後の卒業式には袴を着けて参加したいとお考えの方も多いと思います。
しかしながら、現実問題、卒業式の後には使うこともなさそうだし、式典の会場への移動や天候等々を考えると、汚れてしまうと後のお手入れが大変そうだし、着るのにはハードルが高そうだと躊躇している方も少なくないようです。
そんな方におすすめなのが、袴のレンタルです。
レンタルならば、お好きな色やデザインのものが自由に選べるうえ、多くの場合はクリーニング代まで含まれているので、着けた後のお手入れの心配もいりません。
色のバリエーションや素材はもちろん、地模様のあるもの、刺繍のあるもの、紐の柄や素材などなど、たくさんの袴の中から好みのものを自由に選べるのもレンタルならではの特典といえます。
小物を合わせてトータルコーディネートもOKです。
卒業式という人生の門出の大切な記念の日を理想のスタイルで過ごせれば、素敵な思い出になること間違いなしですね。