袴の選択肢

卒業式に袴は欠かせない

卒業式に袴は欠かせない 女性が袴を着用するようになったのは、平安時代の宮中から始まったといわれています。
そうして、現代のような様式になり、広く一般に行きわたったのが明治時代になってからです。
「はいからさんが通る」は大正時代ですが、袴姿の女子学生が、市中で見かけられるようになったのは明治時代中期以降のようです。
江戸から明治に変わり、家に閉じこもりがちであった女性が、学問を受ける機会に恵まれるようになった時代です。
当時も、はつらつと活躍できる女性の象徴のような服装でした。
その流れでしょうか、今でも、女子大学生の卒業式の定番で、欠かせない服装になっています。
現代は、男女雇用機会均等法も施行され、社会で女子大生も男子学生に負けない活躍を期待されています。
それでも、女性には、結婚、出産など、厳しい社会環境も待っています。
卒業式は、新しく社会に飛びだして、社会のため、人のために役立ちたいと決意する場でもあります。
袴姿はその場に相応しいものです。
やはり、卒業式に袴は欠かせないものです。

女性が卒業式に袴を着るようになったのは明治時代から

明治以前は、女性の装いは着物と決まっていました。
着物は歩きづらいものでしたが、大昔から日本の象徴でした。
明治時代の初期、女学生は袴を着るようになっていましたが、最初は男性用でした。
男性用ですから見栄えは悪く、世間からの評判も良くなかったので、すぐに廃止されました。
数年後、明治の教育者下田歌子によって女学生の袴は復活します。
宮中の物を参考にし、プリーツの入ったスカート状が考案されました。
着物とは違い動きやすいので、多くの人の支持を集め、女学生を象徴する存在へとなっていきました。
袴は和服の一種で、着物の上から穿いて紐で結びます。
その時中の着物は通常よりも短く着付けをします。
今では、卒業式や成人式用の礼服の定番となっています。
シーズン近くになると、着物などをレンタルする為に、予約を入れる人も多くなります。
式典定番の袴が、明治時代には、今で言う女子学生の制服だったのでしょう。
今の時代の女性が、式典に洋より和を選ぶのは喜ばしいことです。